高卒転職の現実はどう?転職成功させるコツ

高卒転職 転職カテゴリ

高卒という立場について、転職で厳しい経験をしそうなイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

確かに高卒だと、大卒以上を募集している企業の求人には応募できないなど選択肢が狭まる部分はありますが、全方面で厳しい思いをするわけではありません。

厳しさを感じるフィールドもそうでないフィールドもあり、どこで就活するかによっても変わります。

【無料】転職ならdodaで見つかる

  1. 高卒は転職できない?厳しい現実は事実だけどやり方次第
  2. 「真面目に働くのに!」どうして高卒の転職は厳しいの?
    1. 偏差値や意欲に関係なく大学進学率が高すぎる時代だから
    2. 地頭がどうでも学問に使った時間が大卒より短いと思われる
    3. 社会経験が大卒よりも弱いと思われることがある
    4. 高卒は扱いづらいと偏見を持たれることがある
  3. 現実は厳しさがあっても高卒でも転職や正社員就職は普通にできる
    1. 転職のコツ1:高卒も応募可の求人率が高い場所で求人情報を探す
    2. 転職のコツ2:とにかくたくさん応募する覚悟を持つ
    3. 転職のコツ3:数社受けた程度ではダメだと思わずモチベーション維持
    4. 転職のコツ4:選り好みしすぎると厳しいのは実は大卒者でも同じ
  4. 高卒の転職活動で成功させる方法は?具体的な行動指針
    1. ハローワークの職業訓練は学びながらお金がもらえる
    2. スキルに自信が無い方はスクールなどで資格取得を目指す
    3. セミナーやイベントに参加して良い刺激を受ける
    4. 高卒向け転職エージェントや就職サービスが便利
  5. 高卒の現実は厳しいときもあるけど日本は人手不足なのも事実!
  6. 高卒の転職活動は『行動』と『諦めないこと』が大切
    1. メンタルが弱いならサポートのある環境を頼る!
  7. 高卒の転職に関するよくある質問
    1. 質問です。自分の向き不向きの見極め方は?
    2. 質問です。向いていると感じる仕事の求人の見つけ方は?

高卒は転職できない?厳しい現実は事実だけどやり方次第

高卒は転職できない?厳しい現実は事実だけどやり方次第

高卒でも就職はできますし、転職もできます。

正社員にもなれます。

フリーターや派遣社員のような非正規雇用としての働き方をしたくない場合でも、違う働き方を選べます。

例えば高卒の40代でアルバイト含めて職歴が一切ないなどの場合は、公的な就職支援サービスを使ったり公的な機関に相談したり、他人の力を借りてステップアップすることをおすすめします。

しかし例えば20代でアルバイト含めて職歴が一切ない高卒であれば、いきなり正社員として就業することもそう難しくないでしょう。

と、いうのは前提として求人がある地域に在住の場合。もしもそうではない地域に在住なら居住地を変える前提で仕事を探したり、仕事探しに根気が必要になったりします。

つまり、高卒の立場で就職や転職しやすい環境に、自身を合わせていくということです。

高卒で『厳しい』というのは、ミスマッチな環境で探しているからというケースもあるのです。

この、ミスマッチをなくしていくことで、転職活動はしやすくなるでしょう。

「真面目に働くのに!」どうして高卒の転職は厳しいの?

どうして高卒の転職は厳しいの?

職歴か資格か、このうちのどちらか1つはないと高卒の転職において厳しさが出てきますが、それは大卒の転職でも同じです。

ただ、中には高卒をあからさまに採用候補から外す企業というのも存在します。

本人に真面目に働く意欲があっても、高卒というだけで偏見を持ったり書類選考に通らなかったりすることもゼロではないでしょう。

その理由について確認していきましょう。

偏差値や意欲に関係なく大学進学率が高すぎる時代だから

まず、現代は大学進学率が高くなりすぎていて『大学も義務教育』という意見を持つ家庭もあるほどです。

大卒が多いと、どうしても高卒は『皆がやっていることをやっていない』ように見られる場面が出てきます。

もちろんそのような偏見を持たない人はたくさんいますが、転職活動のように選ばれる前提の場に出ていって学歴や経歴も全て提示するとなると偏見に遭遇する可能性が上がります。

日本は、例えばアメリカと比べると『学問をしたい』という明確な目的を持って大学進学を決めている方の割合は下がるでしょう(※アメリカは学費などの理由で入学ハードルが高いため)

文化や社会の違いであるともいえますが、その気になれば誰でも大学に行ける日本のシステムだと……

大卒の肩書を得る人が毎年たくさん出てくることになり、大卒であることが普通として扱われる求人が出てきます。

そして大卒が多いからこそ、大卒が目指す仕事と高卒が目指す仕事の線引きが曖昧で、高卒が応募できる仕事に大卒まで応募してくる……

ということが多々発生します。

つまり住み分けができづらいことも、高卒が不利になりやすい理由だといえるでしょう。

地頭がどうでも学問に使った時間が大卒より短いと思われる

地頭がどうでも学問に使った時間が大卒より短いと思われる

高卒は大卒よりも勉強に使った時間が短いと思われて不利になることがあります。

地頭が高卒よりも悪い大卒も世の中にはいるでしょうが、それを見抜くためには相手をよく見る必要が出てきます。

初対面の人間を判断しなければいけない企業の採用担当が、地頭はどうだろうというポイントまで着目して応募者を選考をすると非常にコストがかかります。

そのため、単純に考えて勉強に使った時間が高卒より長いであろう大卒を優先して、大卒の中から選ぶというやり方をする企業もあるのです。

大学に行ってほとんど勉強もしないで遊んだりバイトしたりして過ごす層もいるので、一概に高卒のほうが勉強に使う時間が短いとはいえませんが……

単純に高卒でも大卒でも、年間で振り分けると毎日1時間勉強していたと仮定します。

高卒なら3年間、大卒なら高校の3年間と大学の4年間の合計7年間です。この条件で比較すると、勉強に使った時間にはこれほどまでに差が出てきます。

高卒 高校3年間に毎日1時間勉強⇒1095時間
大卒 高校の3年間+大学の4年間の合計7年間毎日1時間勉強⇒約2555時間

数字で見てみると、時間の差を社会に出てから埋めるのは難しいくらい開いています。

大卒より地頭が良い高卒も世の中にはたくさんいるでしょうが、賢いかどうかを見抜くコストを省き、企業としては『賢い人を探したいなら』大卒の中から絞り込んでしまうほうがスムーズなのです。

これも高卒は厳しいと感じるきっかけになる事情です。

社会経験が大卒よりも弱いと思われることがある

社会経験が大卒よりも弱いと思われることがある

高卒は大卒よりも経験が浅いと捉えられることがあります。

大卒は、在学中にサークル活動やテストに向けた勉強やその他大学生らしいイベントを経験します。

人によっては大学生のうちに留学したりインターンシップを経験したりボランティア活動をしたりと、大学生としての時間だったからできたことを経験しているケースもあります。

経験は人間性をつくり、経験から対処できることが増えていきます。

単純に考えて、高校で学生時代を終了して働き始めた高卒より、大学生という時間で色々な経験をしている大卒のほうが社会人として柔軟な対応をしやすいだろうと捉えられることがあるのです。

高卒は扱いづらいと偏見を持たれることがある

高卒は扱いづらいと偏見を持たれることがある

高卒は扱いづらいと偏見を持たれることがありますが、これは高卒だと性格が悪いとかそういう意味ではありません。

大卒が多い企業に転職したい(もしくは転職した)場合に出てくる問題です。

大卒の人間が多い環境だと、大卒にとっては『自分と同じ学歴の人』がたくさんいて自分たちがマジョリティ(多数派)です。

それに対し高卒はマイノリティ(少数派)になります。

世の中の差別を考えればわかりますが、マジョリティがマイノリティに対して行います。

高卒がマイノリティになる環境に行こうとすれば、『自分たちとは違う』ということから『理解しづらい存在』として扱われて嫌厭されることもあるのです。

現実は厳しさがあっても高卒でも転職や正社員就職は普通にできる

現実は厳しさがあっても高卒でも転職や正社員就職は普通にできる

高卒の転職は厳しさを感じる可能性もありますが、それはあくまでも環境がミスマッチしている場合です。

高卒ばかりの職場もありますし、本当に学歴関係なく採用している企業もあります。

例えば『フリーターから正社員になりたい』というだけであれば、20代30代なら総合的に考えて難しくないでしょう。

大事なのは高卒が不利になりやすい環境で転職活動しないこと、ミスマッチを避けてマッチしている場所を目指すことです。

『そうはいわれても、それってどうやって見つければいいの?』と、感じてしまった方に向けて、以下では高卒の転職のコツを確認していきましょう。

転職のコツ1:高卒も応募可の求人率が高い場所で求人情報を探す

高卒も応募可の求人率が高い場所で求人情報を探す

高卒でも応募可の求人がたくさん掲載されているツールやサービスを利用して求人情報を探したほうが、転職活動がスムーズに進む可能性が出てきます。

高卒は専門卒以上や短大卒以上や大学卒以上と募集要項にある企業の求人に応募しても、採用まで進むのは難しいです。

しかし学歴不問や高卒以上と記載のあるところなら応募できます。

そういう求人が多いところで探すといいのです。

それでは、どこならそういう求人が多いのかというと……

全国どこに住んでいても使いやすいのは、大手の求人情報サイトのリクナビNEXTやマイナビ転職などです。

求人情報サイトを使って自分で応募先を探すというやり方に疲れてしまった方や、そのやり方は不得意だと感じているなら、転職エージェントを利用するという方法もあります。

転職エージェントは大卒を優先するところも多いですが、例えばハタラクティブや就職Shopなど高卒や中卒の方のサポートをコンセプトとしているところもあります。

高卒の求人を検索して探す、もしくは高卒のサポートをメインとしているところで力を貸してもらう、このどちらかの方法を選べば求人を絞り込むことはできます。

転職のコツ2:とにかくたくさん応募する覚悟を持つ

とにかくたくさん応募する覚悟を持つ

高卒の転職活動で厳しさを感じたとしても、くよくよせずにとにかく応募する覚悟を持つことが大切です。

大卒でも転職活動でなかなか転職先が決まらないということは、実は珍しくありません。

つまり、大卒だって転職活動で落ちることくらい普通にあるのです。

とにかく応募して確率を増やすことが大切です。

1社からダメだといわれると自分自身を否定された気持ちになってしまうという方もいるかもしれませんが、気にしないことが大切です。

気にしている余裕がないくらい情報収集をして応募を繰り返す、もしくは気にしてしまうときは転職エージェントを頼って、人にサポートしてもらえる環境をつくると良いでしょう。

転職のコツ3:数社受けた程度ではダメだと思わずモチベーション維持

数社受けた程度ではダメだと思わずモチベーション維持

モチベーションについては、高卒でも大卒でも同じことです。

数社受けてダメだったくらいで落ち込んではいけません。

転職活動は数ヶ月~6ヵ月ほどかける方も珍しくないもので、むしろ2週間などスピーディーに決まるケースのほうが全体で見れば少ないでしょう。

転職活動というのは、多くの場合で短距離走というよりは長距離走です。

そのため序盤から疲れていてはいけないのです。メンタルのバランスや体力は人それぞれ違います。

たくさん応募する覚悟を持って積極的に行動することは大切ですが、あくまでも無理しすぎない範囲でやることが前提です。

無理しすぎてガス欠してエネルギー切れを起こさないようにしましょう。ガス欠の予感は、モチベーションで判断することもできます。

モチベーションが下がってきているときは、軽い運動や趣味でリフレッシュしてモチベーションを回復させるようにしましょう。

転職のコツ4:選り好みしすぎると厳しいのは実は大卒者でも同じ

選り好みしすぎると厳しいのは実は大卒者でも同じ

高卒の求人が多い場で求人を調べたり紹介を受けたりして高卒でも応募できる求人に積極的に応募し、メンタルを落とさずにモチベーションも維持……

これができたら高卒でも転職活動はしっかり進めていけるでしょう。

ただ、選り好みには注意が必要です。

特に体力があってメンタルが強い方だと、転職活動がスムーズでなくても常にメンタルがギラギラできてしまうことからハードルが高いところに堂々と応募し続けられるケースもあるでしょう。

そのやり方で大企業や好待遇の転職が決まることもあるので、良い部分もあります。しかし選り好みしすぎることによって決まらない期間が長引いてしまうリスクもあるのです。

なお、選り好みして理想的だと感じる仕事が決まった場合、高卒でも大卒でもそれ以外の学歴でも大抵の方はとても喜んで、今後の楽しい社会人生活を想像するでしょう。

しかし好きなことを仕事にしたら嫌いになったという話もあるように、理想だと考えていた仕事が本当に自分にとって理想かどうかは入社して初めてわかることです。

選り好みするエネルギーが湧く背景に、『理想な仕事なら理想の自分になれるような気がするから』という気持ちがあるなら……

冷静に企業分析や自己分析をして、『自分ができる仕事』と『自分のやりたいこと』を見極めて考えてみるといいでしょう。

高卒の転職活動で成功させる方法は?具体的な行動指針

高卒の転職活動で成功させる方法は?具体的な行動指針

高卒の転職活動を成功させるには、まず環境や状況を整えましょう。

ちなみに環境については先程も触れましたが、状況とはどういうことかというと……

高卒の転職で特定の資格が必要な仕事を目指したい、将来のために入りたい業界があるなどのケースにおいて準備を整えて応募できる状況にすることです。

例えばシステムエンジニアなど、IT業界に行きたいけど現時点で業務をこなせる知識やスキルがないなら、何かしらの方法で勉強してから応募したほうが転職活動しやすいでしょう。

グラフィックデザイナーになりたいなら、広告やデザインの勉強が必要です。

例に挙げたどちらの仕事も、スクールに通っても、独学でも、オンラインスクールでも、基礎から学べます。

学び方にも人それぞれ向き不向きがあるので、自分に合う方法で学んで準備するといいでしょう。

ハローワークの職業訓練は学びながらお金がもらえる

ハローワークの職業訓練は、学びながらお金をもらうことができます。

高卒で年齢が若いのであれば、良い選択肢となってくれる可能性が高いでしょう。

申し込まないにしても、知っているのと知らないのでは雲泥の差があります。興味がある方は調べてみて、申し込めそうなものがあるならどうするか検討してみるといいでしょう。

なお、ハローワークの職業訓練を利用しなくても、職業訓練で学ぶ分野に関連した企業に転職できる可能性はあるでしょう。それも加味したうえでどういうアプローチで転職活動するか決める必要があります。

スキルに自信が無い方はスクールなどで資格取得を目指す

高卒でスキルに自信がないことが転職活動の足を引っ張っていると感じるのであれば、資格スクールの利用を検討しましょう。

資格スクールは学費もスケジュールもピンキリで、夜間専門学校のようにみっちり学習を詰め込むところもあれば、週1日だけ通学とかオンラインでいいとか。形態は様々です。

世の資格スクールで学んで目指せる資格は転職に直結するようなものと、そうでもないものと、こちらも様々。

そのため資格スクールに通えば必ず転職活動で道が開けるというわけではなく、『どの資格を得るためにどのスクールのどのコースを選ぶか』は大切です。

迷うときには友達でも家族でも、それからオンライン上の相談できるコミュニティなどでもいいので、スクールに通うべきか相談してみるといいでしょう。

セミナーやイベントに参加して良い刺激を受ける

大卒だと大学生として一斉に足並み揃えて就活をこなした期間があるため、その独特の空気感を経験しています。

高卒だと大卒のような就活期間を経験できないことが多いので、『仲間に意見をもらう』とか『ライバルと切磋琢磨する』みたいな状況を得ることは難しいです。

これを経験していなくても社会で立派に活躍する高卒もいますが、現在転職活動において高卒であることで漠然と悩みや迷いを感じているなら……

近い経験をして刺激を受けて、自分と向き合ってみるのもいいでしょう。

場合によっては同じような立場の仲間ができる可能性もあります。

高卒だと新卒の就活の場に入ることはできないので、それに近い環境で就職セミナー、転職セミナー、公的な就職・転職相談会といったイベントなど。

このようなものへの参加を検討してみるといいでしょう。

今の時代はネットで検索すれば、開催情報を簡単に集めることができます。

高卒でも転職活動がスムーズに進む方もいるので、誰でもこれをすればいいというわけではありませんが、何かを変えたいときや刺激を受けたいときには参加してみるのはいかがでしょうか!?

高卒向け転職エージェントや就職サービスが便利

自分で求人を探して応募することが苦ではない、むしろそのほうが楽という方もいるので、必ずしも高卒なら転職エージェントのようなサービスを利用したほうがいいというわけではありません。

高卒でも大卒でもそれ以外でも、転職エージェントというサービス自体との相性の善し悪しはあります。

転職エージェント(場合によっては就職エージェント)とは、登録すると担当者が希望条件や応募要項に合う仕事を紹介してくれて、求職者(転職希望者)が納得すれば担当者経由で応募してくれるサービスです。

転職エージェントによっては書類選考なしで面接まで進めるシステムのところもあります。

書類選考や面接については、担当者が書類の書き方の説明や添削や、面接対策をしてくれることもあります。

ニーズに合うならとても便利です。

高卒が転職エージェントを利用するメリットは、まず確実に高卒歓迎の求人、しかも希望条件にも募集要項にも合っている求人を知ることができることです。

自分で探すと、どこかしらでミスマッチが発生したり、学歴不問のように見せて実は高卒よりも大卒が欲しいと考えている企業に応募してしまって無駄撃ちになったりする可能性があります。

転職エージェントを利用することで、その可能性を最大限抑えられるのは大きなメリットです。

転職活動について『高卒だから』と、考えてしまっている方は、環境さえ変えてみるととんとん拍子で進むこともあります。

つまずいたときには、何かを変えてみるといいでしょう。

高卒の現実は厳しいときもあるけど日本は人手不足なのも事実!

高卒の現実は厳しいときもあるけど日本は人手不足なのも事実!

高卒の現実は厳しい……というのは事実ではありますが、大卒だって厳しさはあります。

高卒には高卒なりの厳しさが、大卒には大卒なりの厳しさがあります。それを体感したくない場合は、高卒なりの厳しくないところを、大卒なりの厳しくないところを狙う必要があります。

そのために必要なことは、自己分析と状況の把握です。

自分ならどこに応募できて、どこが向いているのかなど。現在地を知ることで作戦を立てやすくなります。

人気業界もあるとはいえ、基本的に近年の日本は人手不足傾向です。外国人移民を受け入れて人手不足を解消しようとしている動きもあるくらいなので、仕事を選ばなければ働き口自体はあります。

ただ、誰でも従事できそうに思われる仕事は、実は向き不向きが大きくわかれてしまうこともあります。

例えばコンビニのお仕事は高校生アルバイトもいるくらいなので、初心者向きと誤解されやすいですが、実際にやってみるとマルチタスクでとても難しいです。コンビニのお仕事が不向きな方もいるでしょう。

仕事を選ばなければ転職はできるとはいえ、可能な限り向いているの枠の中で探していくほうがいいのです。

高卒の転職活動は『行動』と『諦めないこと』が大切

高卒の転職活動は『行動』と『諦めないこと』が大切

高卒の転職活動は、自身の状況に合う環境で行うか、もしくは『こうしたい』という明確なものがあるなら、そこに進むために必要なもの(資格なりスキルなり)を先に身に着けるといいでしょう。

いずれの状況においても、行動することと諦めないことが大切です。

高卒であることを気にして転職活動に挑むと、上手くいかなかったときに『高卒だから』と、考えてしまいやすいです。

しかし大卒でも上手くいかないことはあり、どの立場でも厳しいラインというものが存在します。

その厳しいラインを超えるように何かをするのか、それとも厳しいラインに触れない範囲で向いている仕事への就業を目指すのか、その選択は自由です。

どの選択をするとしても、行動と諦めないことの2つは必要になってきます。

転職活動はモチベーションの維持が大切。1ヶ月2ヵ月かかることは珍しくないので、最初から無理しすぎず、それでいてしっかりと、行動も前向きな気持ちも大切にするようにしましょう。

メンタルが弱いならサポートのある環境を頼る!

高卒でも大卒でも関係なく、メンタルが弱い方はサポートのある環境で転職活動をしたほうがいいです。

メンタルが弱い方は1人でいると悶々とマイナス方面に物事を考えやすいです。そしてメンタルが弱い方は、1人だとモチベーションの維持もしづらくなるケースがあります。

メンタルが弱くても、第三者のサポートがあれば心がリラックスできますし、客観的な捉え方をできたり視野が広がったりして、マイナス方面に考えないで取り組みやすいでしょう。

サポートしてくれる相手は家族でも友人でも良いです。
そして転職エージェントでも良いでしょう。

必要だと感じるなら、サポートしてくれる人がいる環境で転職活動を進めていきましょう。

高卒の転職まとめ!

高卒の転職は厳しいといわれていますが、厳しいのは高卒だけではありません。

立場ごとの『厳しい』があり、それは仕方ないことですが、日本は学歴関係なく働き口はある社会です。

高卒には高卒なりのコツや転職活動のやり方の選択肢があります。
自分の状況を見極めて、合う方法でしっかり転職活動を進めていきましょう!

高卒の転職に関するよくある質問

質問です。自分の向き不向きの見極め方は?

回答です。周囲の人に、自分は何ができているのか、それから自分はどういう人間か相談して向き不向きを他人と一緒に考えてみるのもいいでしょう。

また、紙に『好きなコト』『無理しなくてもできるコト』を思いつくまま書き出してみて、その2つを満たす要素がある仕事に注目してみるのもいいでしょう。

質問です。向いていると感じる仕事の求人の見つけ方は?

回答です。今は求人情報サイトを使えばネットで簡単に求人を閲覧できるので、向いていると感じる仕事のキーワードをフリーワード検索にかけてみたり、業界から検索できる検索機能を使ってみたりするといいでしょう。

転職エージェントの利用を希望する場合は、その業界の求人を取り扱っていて高卒でも登録できそうなところに相談してみるといいでしょう。


タイトルとURLをコピーしました